受験シーズン到来☆

愛する皆様、
おはようございます

東京主信仰教会のそらです

先日、関東では
何十年ぶりという大雪に見舞われましたね!

皆さんがそれぞれの状況の中、
よくも悪くも影響を受けたかと思いますが、

この時期の大雪に一番神経を使うのは、
おそらく、受験生ですよね

今まさに、受験シーズン到来!!
ですね!

私も、何年か前のこの時期、
インフルになろうがなんだろうが、
絶対ご飯はもりもり食べるのに、

初めて緊張でご飯がのどを通らなくなりました

それほどまでの大舞台…受験。

教会ではなくとも、
神社やお寺で手を合わせてみたり、
絵馬書いた経験のある人も
多いのではないでしょうか?

「全能な神様を信じるなら、
勉強なんてしなくても、
受験なんてへっちゃらだよ!」

と、いうわけではないんですね、残念ながら!

なぜなら、
【行った通りに得る】
これは神様が定めた法則だからです。

ただ、
誤解してほしくないのは、
「得る」ものは、必ずしも「合格」ではない
ということです。

私の話をすると、
私はなりたい仕事があり、2回、その試験に挑みました。

1回目は、
神様を知らず、
2回目は、
神様を知り教会に通ってからでした。

どちらも、不合格でした。

準備は、どちらもすべてやりきりました。

けれど、どちらも不合格。

しかし、1回目と2回目で明らかに変わっていたこと…

それは心の姿勢です。

1回目の不合格では、
冗談でなく、生きている意味を感じられなくなったし、
「絶対に私が一番なりたいのに!」なんて、自己中心的な考えを抱きました

けれど、2回目の不合格では、

あぁ、私にはもっと違った道があるんだな
これから先、
神様が私をもっと違った道で
輝かせてくれるんだな

そう思ったんです。

これも、私が【行った】通りに神様が与えてくださった考えの祝福です。

もし私が、テキトーに準備をしていたなら、このようには思えず、
まだウダウダと悩んでいたでしょう

神様は私に、
“生きていくための職業”
ではなく、
“生きていくための根本の精神”
をくださいました。

最近よく、
発展途上国にはお金や物資を与えて終わり、という援助ではなく、
技術そのものを教えて自立させるのが大切だ、という考えが広まってますよね。

それは神様の精神だと思います。

たとえば
『魚が食べたい!』 といえば、
“つりざお”をくださる神様です

魚1匹を与えたらその瞬間の喜びで終わりますが、
釣る道具と実力が備われば、いつでも食べられます 笑

夢を持つことは、とても大切です。

目的がなければ人生の味がありません。

けれどもし…

その夢が叶わなかったとしても、

自分自身の価値は、仕事や大学、外から見えるもので決まるのではありません。

夢が崩れたように思えるその時…

その心の姿勢によって、道が変わります。

限りない発見だ。
終わりもない世界だ。
地上には発見すべきものが無限にある。
ただ、多くの研究と努力が必要だ

神様がおっしゃた言葉です

逆境の時には考えなさい

ともおっしゃいました

自分の中にある能力、価値、特性…

さまざまに発見すべきことを、

受験を通して、仕事を通して、生活を通して…

発見し続けていくならば、

逆境も苦難も人生の糧です。

…気づいたら、今日も長くなってしまいました

ここまで読んでくださり感謝です

今日も1日、皆さまが、怪我なく有意義に過ごせることを祈ります

それでは、また!

そら


この記事のURLとタイトルをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です