オリジナルソング「ぼくのいのち」by アオイトリ

「ぼくのいのち」

作詞・作曲:akiho 編曲:yurika

——————
◆曲のもとになった聖句 マタイによる福音書16章26節
“たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。
また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。”
——————

1. 誰かの 痛みの中で 僕は生まれた
その苦しみよりも 僕を大切に思う人から
叫ぶような痛み 全てなかったかのように
僕の顔見て こぼれた微笑みと涙

この世で生きる生は どれほど尊く
産声あげることが 大きな奇跡か
たとえ全世界を差し出しても
得ることはできない それが僕だ

2. 日が差さないような うまくいかない日もある
潰れるような 耐え難い 瞬間(とき)だってある
「何のために?」 考える暇もないほど
“僕”を削って 何かを成そうと必死だ

誰かが だめだと言って 心折る言葉に
僕をすり減らして 人生失うな
どんな代価を払い 求めたとしても
買うことは できない それが僕だ

たとえ全世界を差し出しても
得ることはできない それが僕だ
どんな代価を払い 求めたとしても
買うことはできない ぼくのいのち


この記事のURLとタイトルをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です