後悔しない人生を生きたい!と思う人と

こんにちは。東京主信仰教会のなおこです。
寒い日が続いていますが元気ですか?
先日教会の人に声をかけてもらってオンラインイベントに参加しました。
終わった後に一緒に参加したメンバーが部屋に来てくれて、そのときのメンバーとの話に出てきた「聖書に導いてくれた本」について、今日は書きたいと思います。


大学の英語講師の一言「君たち、大学生の間に聖書くらい読みなさいよ」

私の通っていた大学はミッション系でも何でもない大学でした。
ちょうど卒業に必須な英語の授業をとるために、どの先生にするか選んでいたのですが、仲いい先輩にお勧めの英語の授業を聞いたときに「真面目系がいい?楽して単位とれるのがいい?」と言われて、ちょうど2コマとらなければいけないのは変わらないので両方を教えてもらいました。
真面目系の先生の授業で使用されているテキストは、その先生が編集したような冊子でした。中を見るといろんな文章があり、それは偉人の名言だったり、人が良く生きるために考えさせるような文章が集められたものでした。

この先生の授業がすごく良くて、その授業で使用されたテキストはヨレヨレになりつつもまだ持っています。テキストに書いてある文章を読みながら、授業中、感動で毎回泣きそうになっていました。授業の内容としては、熟語の確認だったり、英文の構成について解説したり、英語特有の言い回しを勉強しているだけなんですけれども。
一番初めの授業の際に、先生がこうおっしゃいました。
「君たち、大学生の間に聖書くらい読みなさいよ」
今になってみればあの先生はクリスチャンだったのかなと思いますが、その授業は私にとって、聖書へと、教会へと、神様へと導いてくれるきかっけとなった授業でした。


人生は有限であり、人生で後悔しないためにはどうしたらいいのか

一つ、詩の紹介をしたいと思います。
ある女子大生が書いた詩だと先生は説明してくれました。

「Things You Didn’t Do」
あなたがしなかったこと。

Remember the day I borrowed your brand new car and I dented it?
I thought you’d kill me, but you didn’t.

覚えてる?あの日あなたの真新しい車を借りて、凹ませてしまったこと。
私、殺されると思ったけれど、あなたは殺さなかった。

And remember the time I dragged you to the beach, and you said it
would rain, and it did?
I thought you’d say, “I told you so.” But you didn’t.

覚えてる?あなたが雨が降るからと言って渋っているのに無理やりビーチに連れて行ったこと。そして雨が降ったこと。
「だから言っただろ」って言われると思ったけれど、あなたは言わなかった。

Do you remember the time I flirted with all the guys to make you
jealous, and you were?
I thought you’d leave me, but you didn’t.

覚えてる?ヤキモチ焼かせたくてほかの男の子とイチャイチャしてたら、あなたが嫉妬したときのこと。
私から去っていくと思ったけど、あなたは去っていかなかった。

Do you remember the time I spilled strawberry pie all over your car rug?
I thought you’d hit me, but you didn’t.

覚えてる?あなたの車のラグにストロベリーパイをこぼしちゃったときのこと。
殴られると思ったけれど、あなたは殴らなかった。

And remember the time I forgot to tell you the dance was formal and
you showed up in jeans?
I thought you’d drop me, but you didn’t.

覚えてる?ダンスパーティーは正装でって言い忘れて、あなたがジーンズ姿で現れたこと。
私のことを捨てるかと思ったけれども、あなたは捨てなかった。

Yes, there were lots of things you didn’t do,
But you put up with me, and you loved me, and you protected me.

そう。あなたがしなかったことはいっぱいあった。
あなたは私のことを我慢してくれて、愛してくれて、守ってくれた。

There were lots of things I wanted to make up to you when you
returned from Viet Nam.

お返ししたいことはいっぱいあった。ベトナムから帰ってきたときに。

But you didn’t.

でもあなたは帰ってこなかった。

改めて書いていて、また泣きそうになりました。
でもあとであとで、って思ってできていないことって私にもたくさんあって、永遠にできなくなって後悔することはしたくないなと思います。


自分が後悔しないためにも

今日、礼拝の最後に、ほかの教会へ移るという子が紹介されていました。
私が東京主信仰教会に移ってきたときすごくよくしてくれた子のうちの一人で、当時近くに住んでいたから買い物のときにも一緒になったり、遊びに連れて行ってくれて、すごく楽しく過ごしたことが思い出されました。
引越してしまったら当分会えなくなるなと思って「会いたい」とメッセージを送ってみました。

すごく大切なことだとしても、あとであとでって後回しにしてしまうことってありますよね。
毎日働いていて忙しいし、疲れているときもあるし、相手がいることだったらその人の予定も考えなければいけないからなおさら後ろ倒しになってしまいますよね。
でも、愛する人が生きている間に自分ができることをしないまま終わってしまうなんてことになったら、私は絶対に後悔するなと思うと、最低限しなければならないことはやっていかなきゃですね。

相手がいないことだとしても、なにか自分のために始めることも、後回しにしちゃう項目ですよね。
何歳になっても、「今が一番若いときだから」と思うようにしています。
牧師先生も40歳を過ぎてサッカーを始められて、10代20代の青年たちに交じって活躍している姿を見ると、本当にそうだと思います。

自分が少しでも若いときに、神様を信じて生きてみるっていうのも、とてもおすすめですよ。
まずは東京主信仰教会にアクセスして、聖書を学んでみませんか?
「シュウキョウ」というくくりで考えず、「実用的」に学べるので、日々忙しく働かれている方にこそおすすめです。


今日という日は神様からのGiftなんだ。

せっかくなのでもう一つ、その授業で用いた英文の中から素敵なフレーズをご紹介します。
韻を踏んでいて音もとても素敵なので、音読してみてくださいね。

Yesterday is a history.
Tomorrow is a mystery.
Today is a gift.
That’s why it’s called the present.

なおこは英語が苦手で、presentという単語が、「現在」と訳されることを解せないままに丸覚えしていました。
この詩に出会ったときに、だから「今というこのとき」は「プレゼント」なんだ!なんてうまいこと言うのかしら!!と感動した覚えがあります。もちろん授業中に(笑)。

さぁ、神様からのプレゼント、楽しく過ごしていくために使いたいですね。


この記事のURLとタイトルをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です