神様が完全であられるようにあなたたちも完全でありなさい

こんにちは。
全知全能であられる神様のことが大好きな、東京主信仰教会のなおこです。
今週の主日(日曜)説教の主題が ↑↑ です。
これを通して感じたことを、今日は書きますね。

「完全になりなさい!」どん!!!

それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。

マタイによる福音書5章48節

今週の聖句はマタイによる福音書でした。
類は友を呼ぶではないけれど、やはり同じ趣味を持ったり、同じ年だったり、同じ何か共通点が多いほど、一緒にいて楽だと感じること、ありますよね。
また、もっと楽なのは、自分よりステキな人(つまり人格的にデキている人)と一緒にいることだと思っています。
でも逆に、自分と異なる考えの人と一緒にいると疲れてしまうこともみなさん経験あるはずです。楽しいこともあるんですけどね。
だからこそ、全知全能の神様も、よりご自身と近い人、つまり完全な人と一緒にいる方が楽なんだなと、納得しました。

かといって、「完全でありなさい!」といわれると、「う~~完全か~~」と富士山五合目から、どん!!!と目の前にモヤのかかる山頂がそびえたつような感じで、「本当に登れるのか?」と思って立ちすくんでしまう気持ちがあるのですが、みなさん、いかがでしたか??

日本人フィルター

職場にて。外国人の方と話をするということで、「そういえば、座る位置ってどうするのが一番なのかな?」と上司に言われて、適当に「席次 ビジネス」とかで検索しているときに見た記事があったので、その紹介をします。

「目標達成の可能性」の捉え方が違う
日本人は、ほぼ確実に100%できることでないと「できる」と言いません。
より正確であることが重視され、「できる」と言ってできないことは良くないことと取られます。
一方、アメリカ人は概ね可能そうであれば「できる」とし、100%で取り組むよう努力します。

「日本と海外のビジネスマナーの違い30選」より

これを読んで、この違いか??と思いました。
そこへ、今朝伝えられた御言葉でこのように伝えられました。

7.完全に行なうということを分かりやすく例をあげて言うなら、事故を起こさずに運転する人は運転に完全な人だ。

2021年3月10日朝の御言葉より

もちろん注意を払いながら運転をしているからこそだけれども、運転は事故を起こさないようにとしている、それが完全にしているということか!と分かりました。
本当に、神様の思う完全と、私の考える完全を、合わせることからまず始めなきゃと思いました。
神様は私のことを誰よりも私本人よりもご存じだから、私ができないようなことをおっしゃるわ~け~がっないですよね。

完全な人となって

1.御言葉どおりに行なえば、完全な人だ。

2021年3月10日朝の御言葉より

そうなんです。
どんな短い一言で、「えっ?そんな一言、出ていたっけ??」というような内容だとしても、ちゃんと神様からのメッセージを受け取って、それを実践した人は、大きな事故から免れるようになったし、だまされないようになったし、栄えるようになっています。
教会の多くのメンバーが「御言葉を実践したら~」と証をしている内容を聞くと、御言葉の偉大さを感じるしかありません。
完全な人、ひとまずあと一週間、頑張ります。


この記事のURLとタイトルをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です